日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医について👨🏻‍⚕️👩🏻‍⚕️

国民医療の向上と社会福祉に貢献することを目的とした公益社団法人日本皮膚科学会による専門医制度に基づくもので、患者さま側の立場からすると『皮膚科領域における高度な経験技量を有する医師』かどうかの判断材料の一つです。医師が皮膚科専門医と認定されるには、所定の条件を満たす必要があり、大まかに区分すると以下の5つです。

1⃣ 日本皮膚科学会が指定する病院等の教育研修施設で5年以上研修の過程を修了する🏥
2⃣ 一定数以上の皮膚外科手術を行う💉
3⃣ 一定数以上の学術論文を執筆する📝
4⃣ 一定数以上の学会発表を行う🙋🏻‍♀️
5⃣ 皮膚科専門医試験を受けて合格する🌸

厳密には 1⃣ 2⃣ 3⃣ 4⃣ を達成しないと 5⃣ の受験資格すら得ることができません。
特に 1⃣ の” 日本皮膚科学会が指定する病院等の教育研修施設”とは、例えば個人医院等でのアルバイトは『皮膚科医の知識と医療技術を高め、すぐれた皮膚科医の養成となる医療機関』の実績としては計上されないことから、皮膚科専門医を目指す医師は大学病院等に所属していることが必然です⭕
このように皮膚科専門医と認定されるには、大学病院等において相当な時間を診療や研究に費やすことが必至で、つまるところ皮膚科専門医は『専門的な知見および一定レベル以上の技術を持っている証明』というのが医師の世界における実情だと思います。

もちろん皮膚科専門医でなくても広い知識や技術を有する医師もいる一方、医師免許があれば専門性の有無によらず自由に診療科目を標榜することが可能な日本の医療制度を踏まえると、患者さま側が慎重に判断するべき点はそのクリニックや医師の力量です🔰
つまり皮膚疾患の診察の経験数が少なかったり、手術や光線療法に関する高度な技量を持ち合わせていなくても、皮膚科を標榜したクリニックを運営することは行政および医療法において問題がないのみならず、「🔵🔵科、🔶🔶科、皮膚科」といったように複数の診療科目を出している場合もあります。このような中、その医師が皮膚科専門医かどうかは、日本皮膚科学会のホームページから市区町村別に検索できます🗾 [https://www.dermatol.or.jp/modules/spMap]

2022年11月時点で、墨田区内における皮膚科専門医は16名です✅ [https://www.dermatol.or.jp/modules/spMap/doctors/index/pref/13/area/%E5%A2%A8%E7%94%B0%E5%8C%BA]


以上のことから、医師の皮膚科領域における専門性の有無は、公開されているという事実があります🔎

錦糸町かるがも皮膚科は、錦糸町駅北口から徒歩5分のオリナスさんの隣りに位置した女性医師かつ皮膚科専門医のクリニックです。地域の皆さま一人ひとりの悩みに親身に耳を傾け、一緒に解決していくあたたかい診察を心がけております✨

皮膚の専門クリニックとして地域の皆さまに信頼して頂けるよう、日々精進し診療にあたる所存です。